雑学・トリビア

【エルニーニョ現象とは】日本にどんな影響があるの!?気象の超基本をシンプルに!

【エルニーニョ現象とは】日本にどんな影響があるの!?気象の超基本をシンプルに!

「今年はエルニーニョ現象に見舞われ…」というニュースを時々耳にしますが、あなたはその意味を理解していますか?

結局、やって来るのは猛暑?それとも冷夏!?ざっくりと理解を深め、大人の基礎教養を身に付けていきましょう!

そもそも「エルニーニョ」とは?

そもそも「エルニーニョ」とは何か

「エルニーニョ」を端的に言うと、毎年クリスマスの時期に、ペルー沖の海水温が上昇することを指しています。

海水温が上昇すると、普段は獲れない魚がざくざく獲れるようになります。その喜びの意味を込めて、南米の人たちはクリスマス時期の海水温の上昇を「(スペイン語で)神の子・男の子」を意味する「エルニーニョ」と名付けました。

海の恵みが大量に獲れるので、南米の人にとって「エルニーニョ」は嬉しい時期なのですね。

間違えやすい「エルニーニョ現象」

間違えやすい「エルニーニョ現象」

一方で、「エルニーニョ現象」は「エルニーニョ」とは意味が異なります。

「エルニーニョ現象」とは、季節外れの時期に広範囲に渡って海水温が上昇する現象を指します。要は、イレギュラーに発生するのです。

  • エルニーニョ:クリスマス時期にペルー沖で発生し、海の恵みをもたらす現象
  • エルニーニョ現象:(ペルー沖を含めて)広範囲で起きる、イレギュラーな現象

とざっくり覚えてしまってよいでしょう。

そして、この現象が発生すると、影響は太平洋を越えて日本にまで及びます。

結局、日本はどうなるの??

ずばり「エルニーニョ現象」が発生すると、日本は冷夏になります。この要因は「東(南米方面)から西(アジア)に吹いてくる貿易風が弱まる」ということにあります。

「エルニーニョ現象」が発生すると、貿易風が弱まり、本来届くはずの温かい空気が届かなくなってしまいます。そのため、「エルニーニョ現象=日本に冷夏が訪れる」ということになるのです。

 

専門的な用語が並んでいると、結局それが何なのか、見失ってしまいがちですよね。

「要は何なの?」という問いを立てて、要点をざっくりと語れる大人になりたいものですね(`・ω・´)キリッ!

♪ざっくりわかったら、是非クリックを

Return Top