専門家たちの常識

【知らないとヤバイ】インサイダー取引に該当する条件とは?

【知らないとヤバイ】インサイダー取引に該当する条件とは?

インサイダー取引という言葉自体は誰もが聞いたことがあるのではないでしょうか? 「そんなの知ってる」と言う方も多いかもしれませんが、うっかりで逮捕される可能性がある以上、むしろ知らないとヤバいルールといえます。

今回は、インサイダー取引のリスクと事例をざっくり押さえておきましょう!

インサイダー取引ってどんな取引?

インサイダー取引とは、インサイダー(会社関係者)になっている人であれば誰もが該当する恐れのある取引です。 どのような行為が該当するかというと、

  1. 会社関係者でないと知らないはずの重要事実を知ってしまった人が、
  2. その情報の公開前に、
  3. その会社の株の取引をしてしまうこと

です。それぞれの項目を具体的に見てみましょう。

インサイダー取引ってどんな取引?

「1.会社関係者」ってどこまでの範囲?

役員や社員のみならず、バイト従業員や取引先などが広く含まれます。また、重要情報を受け取った人(=「第1次情報受領者」と言います。例えば、家族など。)も該当します。

「2.その情報の公開前」っていつまで?

ここでの公表前とは、

  • 2以上のマスコミに対して情報を公開後
  • 12時間以上経過していない状態(12時間ルール)

を指します。 逆に言えば、従業員が未発表の重要事実を知ってしまった後でも、上記の条件を満たしていれば取引を行っても違法にはなりません。

その会社辞めた後なら平気?

ずばり、平気ではありません!会社関係者でなくなっても、その後1年間はインサイダー取引規制の対象となります。また、正社員のみならず取引先やアルバイトでも該当するルールのため、間違っても「気付かずに取引してしまったー!」という状況にならないよう注意が必要です。

日頃から大人の基礎教養を高め、法にのっとった金融取引をしていきましょう(`・ω・´)キリッ!

♪ざっくりわかったら、是非クリックを

Return Top