世の中の仕組み

【HD制とは】最近見かけるホールディングス制の存在意義って何だ?

【HD制とは】最近見かけるホールディングス制の存在意義って何だ?

最近「ホールディングス」という企業形態をよく見かけますね。あなたはこの言葉の意味をご存知でしょうか?

現在、「キリンホールディングス」「ヤマトホールディングス」のように、多くの企業がホールディングス(持株会社)制を敷いており、最近では、サントリーやリクルートといった企業も新たに持株会社を設立しました。

果たして、多くの企業が「●●グループ」から「●●ホールディングス」へと組織形態を変えていくことにはどのようなメリットがあるのでしょうか?ざっくりと見てみましょう!

ホールディングス制ってそもそも何?

ホールディングス制(以下、持株会社制)とは「持株会社が大株主として、傘下の会社の指導(経営方針の立案など)を行っていく形態」です。持株会社の主な仕事は「株の管理」ですが、大株主として傘下企業の経営・管理を行います。

この指導の範囲については各社様々で、経営方針を打ち出すにとどめ、個別の事業内容については傘下の各企業に委ねるところもあれば、事業内容にまで細かに口を出すところもあります。

株式会社って…つまり何だ?社会人なら確実に押さえたい3つのこと

持株会社の存在意義って何?

HD制はグループ全体としての最適な意思決定を可能にする

持株会社の役割は「傘下の会社の指導」と先にありましたが、持株会社制でないとできないことがあります。それは「グループ全体としての最適な意思決定」です。

例えば、

  • 今後グループとしてA事業からB事業にシフトしてく必要があるから、傘下のC会社への投資を拡大しよう
  • D会社の研究開発分野が社会的に注目されているから、本社の研究部門に移管しよう

といった具合です。このように、実際には事業を行わず、グループ全体の意思決定や管理を行う会社を「純粋持株会社と言います。

親子会社とは何か違うの?

これが「持株会社制」ではなく「親子会社制」だった場合、親会社の事業ありきの経営になってしまうことが多々あります。これは、親子会社制の場合はあくまでも親会社の事業が主役であるため、「グループの全体最適」が第一ではなく「親会社の事業の最適化」を行うことが念頭に置かれているからです。

ちなみに、「純粋持株会社」とは異なり、親会社として事業を行う会社を「事業持株会社」と言います。

 

個別企業の利益以上に、グループ全体の利益を追求するために生まれたホールディングス制。日々のニュースでも見かける機会は多いので、大人の基礎教養として、しっかり覚えておきましょう(`・ω・´)キリッ!

♪ざっくりわかったら、是非クリックを

Return Top